列車運行状況
平常通り運転しております。

教えて!教えて!

一覧にもどる

運転士さんはずっと 運転しているの?

運転士も交代しながら乗務しています。当社の場合、乗務時間は短くて約30分、長くて約160分です。では、運転士の一日をご紹介します。

1.出勤~点呼PM 12:00~

運転士の出勤時間は、その日に乗務する仕業(運転スケジュール)によって様々です。
まず、当日の運行状況や連絡事項を確認し、重要なものは手帳にメモします。アルコールチェックを行い、心身状態、担当行路、伝達事項の確認などを受けます。

2.乗務開始

乗務前、線路上に異常がないか確認します。担当電車が近づいてきたら前面に異常がないか確認し、交代の運転士から異常の有無や伝達事項を引継ぎ、交代します。

3.交代~休憩~業務

休憩中は次の乗務に備え、それぞれの過ごし方で休憩しています。

    

※2と3を1日に複数回繰り返します。交代の度に違う電車に乗り換えます。

    

4.入庫

営業の終わった電車を車庫に入庫します。入庫後、車内に忘れ物や異常がないかを確認し、最後にパンタグラフ(車両に電気を取り入れるための装置)を降ろします。

5.終了点呼~仮眠~AM 1:00

乗務中や、入庫電車の異常の有無を報告し、コントキー(電車のカギ)を返納したら、本日の業務は終了です。終了時間や翌日の起床時間が様々なため、仕業ごとの仮眠室で仮眠します。

6.起床~点呼~出庫AM4:30

出勤時と同じように点呼を受け、担当電車のコントキーを受け取り、車庫へ出庫点検に向かいます。電車に異常がないか、ブレーキが働くかなどを確認し、信号が出たら出庫します。出庫後、3を繰り返し、最後に終了点呼を受けたら、勤務終了です。

お客様を安全・安心に目的地へお運びするという使命感を持って乗務しています!

もどる