列車運行状況
平常通り運転しております。

教えて!教えて!

一覧にもどる

モノレールの安全のために どのような取組をしているの?

多摩モノレールでは安全のための様々な取組を「安全報告書」として公表しており、今年度は7月に公表しました。
今回は安全報告書の内容を中心に、安全対策の一部をご紹介します。

1.施設や車両の修繕や改良

施設や車両の経年化に対応するための修繕や、更なる安全性の向上ための改良を行っています。

急ブレーキ時の安全性の向上等のため、開口部の無い袖仕切りへの交換を進めています。

2.異常時対応訓練の実施

毎年、自然災害やテロなどを想定した訓練を実施し、もしもの場合に備えています。

3.悪条件に備えた施設づくり

豪雨や降雪などの悪条件に強いモノレールを目指し、施設や車両の改良を行っています。
※降雪時の車両交換頻度を減らすため、車両スカートの改良を実施しました。

このような取組により、平成10年の開業以来、運転無事故を継続しています!

4.お客様へのお願い

安全運行には、お客様の協力が欠かせません。駆け込み乗車をしない、ホームドアへ寄りかからないなどお客様のご協力をお願いいたします。

詳しくは、多摩モノレールホームページに掲載されている「安全報告書2014」をご覧ください。

もどる