列車運行状況
平常通り運転しております。

環境に優しいモノレール

地球環境問題が深刻化し世界的に環境への関心が高まるなか、モノレールを始めとした軌道や鉄道は環境にやさしい乗り物として注目を集めています。 また、多摩モノレールは、お客様や地域に支えられている公共交通機関として、環境貢献のための様々な取組を進めています。

モノレールはCO2の排出が少ない乗り物です。

モノレールや電車は、自動車などの交通機関と比べて、地球温暖化に最も影響があると言われている二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない乗り物です。

モノレールは騒音の少ない静かな乗り物です

モノレールは騒音の少ない静かな乗り物です。
ゴムのタイヤにより走行し、低騒音化が図られているモノレールは、鉄道に比べても静かで快適です。

環境にやさしいPASMOの利用をお勧めしています

多摩モノレールをはじめ首都圏のほとんどの電車・バスに利用できるICカード乗車券PASMOは、チャージしたり定期券を継続購入したりすれば、同じ1枚のカードを繰り返し使えます。便利で人にやさしいPASMOは、環境にもやさしいのです。

PASMOの利用を増やすことで、きっぷや磁気定期券を発行するための紙やプラスチックなどの資源を節約できることから、多摩モノレールでは、お客様にPASMOの利用をお勧めしています。

※PASMOは(株)パスモの登録商標です

PASMO

不要になったきっぷや磁気定期券はリサイクルしています

多摩モノレールでは、回収された紙のきっぷや磁気定期券を、専門の業者に委託し、RPF(新型固形燃料)にリサイクルし、資源の有効活用を図っています。

地球環境に貢献するための取組み

多摩モノレールの特徴を活かし環境に貢献するため、パーク・アンド・ライド(※)の取組みに協力をしています。

  • パーク・アンド・ライド=最寄り駅まで自動車でアクセスし駅に近接した駐車場に駐車し、公共交通機関(鉄道やモノレール)に乗り換えて目的地まで移動する方法。都市部や観光地などの交通渋滞の緩和だけでなく、排気ガスによるCO2排出量の削減効果も期待されている。